お役たちスキル サービス

【初心者向け】まとめ!初めて翻訳サービスを利用する時の注意点!

8月 12, 2020

スポンサーリンク

悩む人①
翻訳サービスが多すぎて何を使っていいか分からない。

悩む人②
翻訳会社を比較しようにも基準が分からない。

本記事ではそんなお悩みを解決します。

ポイント

記事の内容(こんな方におすすめ)
翻訳会社を比較する際の基準点
各比較ポイントの注意点

●記事の信頼性

前職にて多くの翻訳会社・通訳会社を比較し仕事を依頼した経験あり
本人も英語のスキルあり(IELTS OA: 7.5)

結論、項目ごとに評価して自分の最も大事にする部分で選んでいく事です。

なぜなら翻訳内容や条件によりその選択結果は大きく異なるからです。

ポイント

翻訳会社を比較する時に確認する5つのまとめ項目
対応言語
専門性(業界、学術論文対応など)
納品速度
ワークフロー(チェックのフロー、人力・AI使用など)
値段

それぞれに関して見ていきましょう。

対応言語

まずこちらは一番大切な部分ですね。仮に日本語→英語、独語、仏語、蘭語の4か国語に翻訳を検討している際に、仕事の依頼を検討中の会社が西語のみ対応であった場合は目的を達成する事が出来ません。そのため対応言語の確認は必須となります。また仮に日本語→仏語、蘭語のみ対応などといった様に部分的に対応が可能な場合もありますが、その際に複数の会社に分けての依頼となるため一社にまとめて依頼する際に比べて費用が多めにかかる可能性もございます。

専門性(業界、学術論文対応など)

翻訳会社によって得意な専門分野を持っているケースがございます。ある会社は医学系学術論文の翻訳を多く手掛けておりそのノウハウも知見が蓄積されており、またある会社は機械の取り扱い説明書に多くの実績があるなど会社によって個性があります。ご自身が今回必要な翻訳内容をよく確認して特殊なケースである場合は特にこの点に留意する必要がございます。

納品速度

仕事を依頼してから成果物が納品されるまでの時間となります。ご自身がどの程度の時間内に成果物を必要としているか、という点に留意して判断する必要があります。また急ぐ場合は追加料金などで対応可能な会社もありますが、不要な出費を防ぐためにも基本的にはゆとりをもって進行するのが良いと思います。

ワークフロー(チェックのフロー、人力・AI使用など)

翻訳したものに対してのダブルチェック体制は?翻訳を行うのは機械か人か?などでございます。こちらは特に翻訳したものをどのように使用するか、という点と非常に関わってくる様に思います。例えば翻訳した言語をウェブサイトに掲載するの様な場合は仮に修正を行う必要があってもすぐに対応可能ですが、それが印刷物などになった場合は一度印刷してしまえば修正が出来ません。予算との兼ね合いもありますが、上記の点を踏まえて検討するのがよろしいかと思います。

値段

上記の検討事項に優先順位を付けて予算内でより良い結果を得るために検討するのがよろしいかと思います。

本記事では翻訳会社検討の際の項目に関して紹介いたしました。
最後に要点を整理します。

ポイント

翻訳会社を比較する時に確認する5つの項目のまとめ
対応言語
専門性(業界、学術論文対応など)
納品速度
ワークフロー(チェックのフロー、人力・AI使用など)
値段

それでは。

スポンサーリンク

-お役たちスキル, サービス

© 2021 Translator-Hikaku.info