トレンド マーケティング 業界分析

翻訳業界のトレンドを読み解く~Googleキーワードランキング2020年/“キーワード競合度ベース”~

スポンサーリンク

記事の内容

Googleの検索キーワードを通して翻訳業界のトレンドを読み解く
またボリュームベースの際にも出てきた「翻訳 機」が再登場。
またコロナの影響なのか「翻訳 求人」もBidが高いです。

 

Googleの検索キーワードを通して翻訳業界のトレンドを読み解く/“キーワード競合度ベース”

AIを用いた自動翻訳、ポストエディット、動画の翻訳など多くの話題が翻訳業界を賑やかなものとしております。
その様な中で過去のデータを用いて“検索ボリュームベース”、“キーワード競合度ベース”で業界のトレンドを読み解きたいと思います。
本日は“キーワード競合度ベース”で分析した結果を共有いたします。

 

tranlate_language_catch
翻訳業界のトレンドを読み解く~Googleキーワードランキング2020年/“検索ボリュームベース”~

ポイント 記事の内容 Googleの検索キーワードを通して翻訳業界のトレンドを読み解く ”一般消費者からの検索”と”企業からの検索”の大きく二つのグループに分けて検索ボリュームベースで分析。 予想通り ...

 

キーワード競合度ベース

Googleと言えばやはり「検索」とすぐに思いつく方が多いと思います。
検索するという言葉の英語としてGooglingと言う方もいます。
従いましてその検索の結果分析できるキーワード競合度はユーザの動向と広告主の動向を把握する上でとても大切だと思います。

 

抽出の結果

Competitionが高のキーワードを抽出いたしました。

 

key word list-1

 

翻訳 24 時間
翻訳 イヤホン
翻訳 サービス
翻訳 スクール
翻訳 ソフト
翻訳 ソフト pc
翻訳 ソフト おすすめ
翻訳 ノート パソコン
翻訳 ピカイチ
翻訳 ペン
翻訳 ポケトーク
翻訳 会社
翻訳 依頼
翻訳 勉強 本
翻訳 契約
翻訳 契約 書
翻訳 学校
翻訳 業者
翻訳 機
翻訳 機械
翻訳 求人
翻訳 求人 在宅
翻訳 派遣 会社
翻訳 派遣 未経験
翻訳 見積もり
翻訳 通信 講座
翻訳 通信 講座 おすすめ
翻訳 電子 辞書

 

キーワードのグループ分け

概ね予想通りの様に思われます。
それをさらに見ていくと”一般消費者向けの検索”と”企業向けの検索”の大きく二つのグループに分けられる気がいたします。

具体的には下記となります。

”比較的企業向けの検索が多い様に思われる”
翻訳 24 時間
翻訳 イヤホン
翻訳 サービス
翻訳 ソフト
翻訳 ソフト pc
翻訳 ソフト おすすめ
翻訳 会社
翻訳 依頼
翻訳 契約
翻訳 契約 書
翻訳 業者
翻訳 機
翻訳 機械
翻訳 見積もり

”比較的一般消費者からの検索が多い様に思われる”
翻訳 勉強 本
翻訳 ピカイチ
翻訳 ペン
翻訳 ポケトーク
翻訳 ノート パソコン
翻訳 スクール
翻訳 学校
翻訳 求人
翻訳 求人 在宅
翻訳 派遣 会社
翻訳 派遣 未経験
翻訳 通信 講座
翻訳 通信 講座 おすすめ
翻訳 電子 辞書

もちろんその両方からという場合もありますがこの様なグループ分けが可能になると思います。

 

さらに検索ボリュームベースでソートをした場合

さらに上記の結果を10,000以上の検索ボリュームベースでソートいたしますと下記の様になります。

 

key word list-2

 

翻訳 サービス
翻訳 ソフト
翻訳 会社
翻訳 機
翻訳 求人

翻訳 求人を除いて企業向けの検索である様に思われます。

 

結果分析

個人的には「検索 ポケトーク」がとても気になりました。
こちらは検索ボリュームは100~1,000なのですがTop Page Bid(Bidの最大値)が4,586円とかなり高額です。
これくらいかけても採算が取れるのですね。
一般消費者向けの翻訳需要の高まりを感じます。

加えて「翻訳 求人」もとても旬を感じます。
コロナのため在宅ワークなどの広まりもあり検索ワードの価格が高騰している様に思われます。

またボリュームベースの際にも出てきたのが「翻訳 機」となります。
こちらはおそらくSubscription式などの課金スタイルの翻訳機が多いため、一度ユーザと契約と結ぶと息の長い取引となるため、多少Bidが高くても広告を出稿したいエリアなのだと思います。

以上がキーワード競合度ベースでの翻訳業界のトレンドとなります。

 

キーワードランキングの作り方

こちらは下記の記事に方法がありますので興味のある方は見てみてください。

tranlate_language_catch
翻訳業界のトレンドを読み解く~Googleキーワードランキング2020年/“検索ボリュームベース”~

ポイント 記事の内容 Googleの検索キーワードを通して翻訳業界のトレンドを読み解く ”一般消費者からの検索”と”企業からの検索”の大きく二つのグループに分けて検索ボリュームベースで分析。 予想通り ...

 

まとめ

本日のまとめとなります。

ポイント

記事のまとめ
Googleの検索キーワードを通して翻訳業界のトレンドを読み解く
またボリュームベースの際にも出てきた「翻訳 機」が再登場。
またコロナの影響なのか「翻訳 求人」もBidが高いです。

それでは失礼いたします。

スポンサーリンク

-トレンド, マーケティング, 業界分析

© 2021 Translator-Hikaku.info