お役たちスキル サービス

【初心者向け】はじめてフリーランスの翻訳者に仕事を依頼する時に確認すべき5つのポイント

スポンサーリンク

悩む人①
フリーランスの方の仕事を依頼してみよう思うけど。。。

悩む人②
会社に依頼した方が安心なのでは。。。

本記事ではそんなお悩みを解決します。

ポイント

記事の内容(こんな方におすすめ)
フリーランスの翻訳者に仕事を依頼しようか検討中であるが躊躇している方。
フリーランスの翻訳者に仕事を依頼する際の確認すべきぽいんとを知りたい方。

 

記事の結論

フリーランスの翻訳者に仕事を依頼する際は下記の5つのポイントは少なくとも確認した方が良いです。

1. 語学力
2. 日本語力
3. 知識力
4. 調査力
5. ITスキル

 

はじめてフリーランスの翻訳者に仕事を依頼する時に確認すべき5つのポイント

下記の5つのポイントは少なくとも確認した方が良いと思います。

 

語学力(専門文書に対しての高い対応力)

大前提となる力だと思います。
ポイントとしては日常的に使用される表現だけはなく、原文自体を正確に理解出来る読解力は重要です。
加えてビジネスで使用される独特の言い回しと業界に特化した専門表現を理解出来る力が必要となります。

 

日本語力(日本語の語彙力と美しい表現力)

日本語を読み解く「読解力」、そして翻訳文書に合わせた適切な日本語を選択する「語彙力と表現力」が必須となります。
和訳の場合は日本語の細やかなニュアンス(例えば「蕎麦の麺にコシがある」など)がとても大切になってくると思います。
こちらセンスとも言い換えられる可能性もありますが。。。

 

知識力(一般知識と専門知識)

専門知識を多く持っているのが理想ではあるがこちらは調査力などでもカバーする事が可能となります。
そのため一般知識というのが逆に確認すべき大切なポイントである場合もございます。

 

調査力(作業全体の70%が調査という意見も)

以前依頼した翻訳者の方が言う所では翻訳作業全体の内の70%が調査に費やされるとの事です。
そのため的確に情報ソースにアクセスして調査を行う力は非常に重要となります。

 

ITスキル(アプリケーションの使用のみでなくセキュリティなど含めたITスキルは必須)

基本的なやり取りから調査、また文書のセキュリティなどITスキルを除いて仕事を進行するのはもはや不可能とも言えると思います。特にセキュリティに対しての個々の取り組みは確認すべて点だと思います。

 

まとめ

本日の記事のまとめを記載いたします。

ポイント

記事の結論
フリーランスの翻訳者に仕事を依頼する際は下記の5つのポイントは少なくとも確認した方が良いです。

1. 語学力
2. 日本語力
3. 知識力
4. 調査力
5. ITスキル

 

それでは失礼いたします。

スポンサーリンク

-お役たちスキル, サービス

© 2021 Translator-Hikaku.info