お役たちスキル サービス

サイトまるごと翻訳!Google翻訳ツールを使った便利技!

8月 29, 2020

スポンサーリンク

悩む人①
英語のウェブサイトの内容をまるごと理解しないといけない。

悩む人②
いちいち翻訳サイトにコピペするのが面倒くさい。

本記事ではそんな悩みを解決します。

ポイント

記事の内容
Google翻訳を使ってサイトをまるごと翻訳する機能を紹介

意外と知らない人が多い機能なので紹介いたします。

日本語に対応していないウェブサイトで仕事やプライベートで内容理解のためなどにちょっとした翻訳が必要な際にGoogle翻訳を使う事は多くあると思います。

それが1行2行であればコピペして貼り付ければ良いと思います。
しかしそれがウェブサイト1ページまたはサイト全体の場合はどういたしますか。

もちろん必要に応じてコピペを行っても全く問題ありません。
しかしウェブサイト全体など広範囲の内容を効率的に理解したい場合はGoogle翻訳を使ってサイトをまるごと翻訳するのが便利です。

Google翻訳を使ってサイトをまるごと翻訳する手順

▼今回はサイト翻訳のサンプルとして下記のサイトを使います。

World Health Organization

翻訳用サンプルウェブサイト

▼まずはGoogle翻訳を開き左側のテキストフォーム欄にURLを貼り付けます。

Google翻訳フォーム使い方①

▼次に左側でオリジナルの言語を選択し、右側で翻訳したい言語を選択します(赤枠)。
その後翻訳ボタンをクリックします(緑枠)。

Google翻訳フォーム使い方②

▼そういたしますとページがまるごと日本語に翻訳されます。

Google翻訳の英語サンプル翻訳

▼また右上のボタンで原文との切り替えも可能です。
翻訳の内容を確認したい時などは便利ですね。

原文切り替えボタン

Google翻訳が現在対応している言語

Google翻訳は現在下記の言語に対応しておりますので、翻訳が可能となります。

Google翻訳対応言語

例えばさきほどのWorld Health Organizationのサイトをクメール語(カンボジア語)にも翻訳が出来ます。

Google翻訳クメール語

またネパール語にも翻訳が可能です。

Google翻訳ネパール語

当然モンゴル語にも翻訳が可能です。

Google翻訳モンゴル語

注意点としては現時点ではロゴなどのイメージ画像に関してはオリジナルのままです。

少しでも役に立てば幸いです。
それでは失礼いたします。

スポンサーリンク

-お役たちスキル, サービス

© 2021 Translator-Hikaku.info