Tech / IT お役たちスキル ツールの便利な使い方

Google Speech to Textを実際に使用してみました! 導入編

12月 13, 2020

スポンサーリンク

前回の記事ではGoogle Speech-to-Textに関する説明、またテキストに落とす音声ファイルの準備に関してご説明致しました。

 

今回の導入編ではGoogle Cloud Platformでプロジェクトを設定し、Google Cloud SDKをインストールしていきたいと思います。

記事の内容

記事の内容
Google Cloud Platformのプロジェクト設定
Google Cloud SDKをインストール

 

全体作業フロー

<準備編>

①Google Speech-To-Textの基本
②変換する音声ファイルを準備する

<導入編>←今回はここ!

③Google Cloud Platformでプロジェクトを設定する
④Google Cloud SDKをインストールする

<実践編>

⑤サービスアカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスの設定する
⑥実際に音声ファイルの文字変換を行う

 

<導入編> ③Google Cloud Platformでプロジェクトを設定する

Google Cloud SDKをインストール・設定する前にGoogle Cloud Platformにプロジェクトを設定します。

Googleのアカウントにログインした状態でリンクにアクセスし、「始める前に」という項目の「プロジェクトの設定」をクリック作成します。
説明に従いプロジェクトを作成すると、自動的にSpeech-To-TextのAPIもアクティベイトされ、JSONの秘密鍵のダウンロードまで行うことができます。
JSONの秘密鍵はGoogle Cloud SDKをインストールした後に使用するので、誤って消さないように気をつけてください。

Speech-to-Text-Pic-2

このまま説明の通り進めて行くとJSONファイルのダウンロードまで行うことができます。
そしてプロジェクト作成後にそのプロジェクトに紐づくバケットを作成し、そのバケット内に作成した音声ファイルをアップロードしておきます。

 

<導入編> ④Google Cloud SDKをインストールする

次にGoogle Cloud SDKをパソコンにインストールします。

一番簡単なGoogle Cloud SDKのインストール方法は下記のコマンドをPowerShellで走らせる方法です。
*コマンドはこちらのリンクを参照してください。Windows向けのPowershellコマンドが紹介されています。

Speech-to-Text-Pic-3

コマンドを打つと自動的にインストーラーが起動するので、指示に従いインストールしていきます。

Speech-to-Text-Pic-5

Speech-to-Text-Pic-6

 

Speech-to-Text-Pic-7

Speech-to-Text-Pic-8

インストールが完了するとコマンドプロンプトが起動し下記のようなメッセージが表示されます。
現在使用しているGoogleアカウントを選択し、先程作成したプロジェクトを選択します。

するとデフォルトで使用されるアカウント・プロジェクトが選択され、次回から使用する時に再度選択する必要がなくなります。

Speech-to-Text-Pic-9

これでGoogle Cloud SDKのインストールは完了です!
次回の実践編ではサービスアカウントキーが含まれる JSON ファイルのパスの設定し、実際にGoogle Speech-to-Textを使用してみたいと思います。

それでは失礼致します。

スポンサーリンク

-Tech / IT, お役たちスキル, ツールの便利な使い方

© 2021 Translator-Hikaku.info