マーケティング 業界分析

翻訳業界の分析まとめ-1(Kopiの業界分析/業界主要29社)

8月 7, 2020

スポンサーリンク

ポイント

記事の内容
今後の翻訳業界の予想に関しての導入

悩む人①
「AIに仕事を奪われて未来は来ない」

悩む人②
「いやいや感情を持つ人間だからこそ出来る翻訳がある」

翻訳業界の今後の展望を考えた際に「AI化の波 vs 風韻のある匠の技術」という2項対立がまずは思いつきます。

IBM, Google, Facebook, Amazonなどなど多くの世界的な大企業がAI開発にしのぎを削り、
その影響でAIを使用した翻訳の質も例えば5年前と比較して飛躍的に高まっています。

また大企業のみならず翻訳に特化したAIを開発する会社も多く存在しています。
例えばLilt Inc.などは非常に有名であると言えます。

また一方では翻訳対象の多様化により、芸人のコントを翻訳する様に以前には無い種類の翻訳対象も出てきています。
こちらの領域に関しては人の感情を揺さぶる翻訳が必要であるため感情を持つ匠の技術が優勢と言えます。

このように風雲急を告げる翻訳業界の分析を行っていきます。

これから数回に分けて業界の分析を行っていきます。
本日はこれで失礼いたします。

スポンサーリンク

-マーケティング, 業界分析

© 2021 Translator-Hikaku.info