お役たちスキル ツールの便利な使い方 無料AI翻訳ツール比較

翻訳後の英語を自然な形に校閲~Academic向け校閲ツールLangsmith~

スポンサーリンク

悩む人①
英語はまぁまぁ書けるけど自信がないし。。。

悩む人②
簡単に英語の校閲が出来ないかしら。。。

 

記事の内容

翻訳後の英語を自然な形に校閲するAcademic向け校閲ツールLangsmithの紹介

ポイント

本日のまとめ
Academic向け校閲ツールLangsmithを使うと簡単に文章の校閲が可能になります。

 

翻訳後の英語を自然な形に校閲するAcademic向け校閲ツールLangsmithの紹介

 

Langsmith-top

ウェブサイト:Langsmith

 

英文を書くことが出来るもののその構成が

私もそうなのですが英語の文章を書いても、その意味が分からないと言われる事がしばしばあります。
それはやはり英語で文章を書いている量が足りないため、その経験不足から来ると思われます。

例えば学校への出願の際などは私も苦戦いたしました(最終的に面接で落ちましたが)ww

 

アカデミックに特化した校閲ツールLangsimith

その様な時にLangsimithは力を発揮いたします。
ここで簡単にサービスに関して引用いたします。

Langsmith Editorは、アカデミック・ライティングのための執筆支援システムです。大量の論文データから言葉の意味や使われ方の傾向を学習した人工知能が、論文執筆をサポートします。Langsmith Editorのエンジンは自然言語処理分野の論文を用いて学習されています。今後さらに、様々な分野・用途に対応するシステムを開発していきます。
引用:https://help.editor.langsmith.co.jp/

との事です。
大量データをベースに論文に沿った内容に文章を校閲してくれるサービスですね。

 

特徴

文章の自動補完

Tabを押すと次の文章が自動で表示されます。
いくつか候補が出るのでそこから選択します。

 

Langsmith-jidou hokan写真はサイトより引用

 

文章採点

不自然な文章の場合に複数の書き換え結果がシステムより提案されます。
その書き換え結果の上に提示される結果ほど、システムがより自然とみなした文章になります。

 

Langsmith-saiten写真はサイトより引用

 

ブラウザベース

またブラウザベースで使用できる事もその長所の一つだと思います。

校閲サイトURL:https://editor.langsmith.co.jp/

 

その使い方

今回もまたWikipediaのNBAのページをサンプルにしましょう。

NBA wikipedia

 

 

使い方はページを開くだけ

Langsmith Editorのページを開いて文章を書くだけで問題ございません。

 

Langsmith-how to use

非常に使い方は簡単です。

 

まとめ

本日の記事のまとめとなります。

ポイント

本日のまとめ
Academic向け校閲ツールLangsmithを使うと簡単に文章の校閲が可能になります。

それでは失礼いたします。

スポンサーリンク

-お役たちスキル, ツールの便利な使い方, 無料AI翻訳ツール比較

© 2021 Translator-Hikaku.info